結婚式の席次席順ルールやマナーで注意する事をまとめました

Press & Newsプレス&ニュース

結婚式の席次席順ルールやマナーで注意する事をまとめました

新着情報結婚準備2018年11月17日

結婚式を挙げることになったら決める事はたくさんありますが、その中でも特に気を遣わなければならない事の一つとして、席次があります。
ゲストが座る席をあらかじめ新郎新婦の方で指定することを席次といいます。

誰がどこに座ってもいいんじゃないの?と思いがちですが、席次にはしっかりとしたマナーや決まりがありますので、それに沿って決めなければなりません。

マナーを知らずに席次を決めてしまうとゲストにとって失礼で不愉快な気持ちにさせてしまう事も考えられます。

そうならない為にも、今回ご紹介する席次のルールやマナーをしっかりと頭に入れておいてください。

・来賓席のグループ分け方法やマナー

まず初めに、ゲストを、「主賓(上司)・友人(同僚)・親族」の3つのグループに分けます。
会場には上座にあたるテーブルから、「主賓(上司)→友人(同僚)→親族」の順番でテーブルを決めていきます。

次に、そのテーブルの中でも地位の高い方から上座になるように席を決めます。
会社の上司を呼ぶ場合は、役職順にするのがベターですが、同じ役職の方がいる場合は社歴が長い方を優先してください。

友人や同僚の場合は、隣同士で会話のしやすいような配慮をしてあげられると良いです。
親族のテーブルは、親族の中でも血縁の遠い方を上座にして、両親や兄弟は下座になるようにしましょう。

1766f0b8fcb59772a33e6ddc66f72721
出典:https://www.weddingpark.net/magazine/7772/

・席決めの際に注意する事

一番気を付けなければならないのは、「誤字脱字」です。せっかく来ていただくゲストの名前を間違えてしまってはいけません。
親族などの名前はご両親などにも確認をとって間違えがないようにしましょう。

次に気を付ける点は、「上座・下座」の位置です。特に主賓や上司などの目上の方の席は、気を付けて決めてほしいですが、上座などが分からなければ遠慮なく担当のプランナーさんに聞いて大丈夫です。

また、子連れの友人ゲストや親族がいる場合も色々と配慮をしてあげたいところです。
例えば、お子さんが泣いてしまったりおむつ替えなどで席を立つことが考えられるので、出入り口に近い席にしてあげるといいですね。逆にマイクスタンドの近くや、余興のスペースの近くなどは動きにくいので避けてあげましょう。お子様連れに限ったことでなく、身体が不自由な方や年配のゲストがいる場合も同様です。

テーブルの数や人数がうまく両家で収まらない場合は、相席のテーブルが発生しても大丈夫です。その際は友人ゲスト同士など格や年齢が合うような組み合わせで一緒にするように配慮してください。

また知り合いがいない方をゲストで呼ぶ場合は、同じテーブルや隣の席にお話してくれそうなゲストの方を配置しましょう。一人で参列するのには不安がつきものですので、他ゲストの方にあらかじめその旨を伝えておき、少しでも会話がしやすい雰囲気を作ってあげてください。

・席次表の「作り方」と「おすすめのデザイン」を紹介

席次表を作るのには、会場で依頼するか外注する(自分たちで作る)かになります。
会場で依頼するのが楽ですが、決まっているテンプレートやデザインから決めなければならないので、好きなデザインがない場合やこだわりがある方、節約したい方は外注がオススメです。

外注といっても、テンプレートが用意されているか、印刷は業者か自分たちか、リボンをつけたり表紙と中紙を合わせるなどの細かな作業、をどこまで自分たちでやるかによって金額や手間が変わってきます。

作り方は、ペーパーアイテム(席次表)を取り扱っている会社が制作手順を記述している場合がほとんどですので、それに則って進めていけば大丈夫です。
多くの場合、①ペーパーアイテムを決める→②どこにだれが座るのか決めてテンプレートに入力していく→➂席次以外のデザインを決める→➃印刷→➄細かな作業(表紙と中紙を合わせるなど)、といった流れになります。。

席次以外のデザインとは、表紙のデザインを決めたり、中のページに何を記載するか?(コースの献立や新郎新婦のプロフィールなど)を決めます。

いくつかオススメのデザインをご紹介していきます。

68173749
出典:http://h03tr.shop-pro.jp/?pid=68173749
お二人の共通の趣味などをイラストでいれた可愛い雰囲気のデザインです。

sample_w-48-4
出典:https://www.happyleaf.biz/works/reception
お二人のプロフィールをただ紹介するだけでなく、年表でお二人の出会いを紹介しているものです。なんだかお二人らしい、ほっこりするデザインですね。

o0480064012594472935
出典:https://bridal-kensaku.com/
こちらは「裏席次」と呼ばれるものだそうで、通常の席次表には肩書などをいれるところに愛称やひとこと紹介文をいれるので、ゲスト同士が盛り上がる事間違いなし。一工夫したユーモアあふれる席次表です。

kurukuru_dl1
出典:https://wedding.mynavi.jp
クルクルまるめる席次表は、お洒落で可愛いと人気。とくにクラフト紙で作るものが人気で、内容も簡単で済むので作るのが楽だったというお声もあるようです。

70726f647563742f32303137303531335f3665333230332e6a7067003630300000660066
出典:https://welcome.ocnk.net/product/340
和装婚にオススメしたい、和柄が美しい席次表です。台紙もかなりしっかりした素材で、華やかな雰囲気が魅力的です。

4_000000014463
出典:https://www.farbeco.jp/shopdetail/000000014463/045/Y/page1/recommend/
華やかな台紙とシンプルな中紙の、バランスのとれたデザインが可愛い席次表です。


いかがでしたか。
席次表のデザインはまだまだ他にもたくさんあります。
わたしが結婚式をした時は、オリジナルで作成することを面倒に思って会場で頼んでしまいましたが、こうやって見てみると可愛くてお洒落なものがたくさんあるので、「外注にすればよかったな~」なんて思いました。(笑)

結婚式準備は本当にやらなければいけないことがたくさんで大変だと思いますが、その分思い出や思い入れもたくさん出来ますので、是非準備期間も楽しんでくださいね♡