これから結婚する方に覚えてもらいたい結婚記念日について

Press & Newsプレス&ニュース

これから結婚する方に覚えてもらいたい結婚記念日について

新着情報結婚準備2019年02月26日

結婚記念日は決められたルールがなく、「入籍した日」「結婚式をあげた日」「お付き合いをはじめた日」など、結婚記念日の指標が複数ある為、悩むことはありませんか?

大半の方は「入籍した日」(婚姻届を出した日)を結婚記念日とする夫婦が多いようですが、上記の中で「どの日が結婚記念日であるか」の正解はありませんので、お二人で好きな日を結婚記念日にしてよいのです。

結婚記念日は、節目ごとにお祝いをする習慣もありますので、これから結婚する方にぜひ参考にしてほしいと思います。
ダウンロード (7)

・結婚記念日ってみんないつにしましたか?

二人が夫婦になった特別な日を祝う結婚記念日。忘れることが無いように、もともとの記念日や、どちらかの誕生日、11月22日(良い夫婦の日)やクリスマスなど、覚えやすい日に婚姻届を提出して、その入籍した日を結婚記念日とする人が多いようです。

また、ゲストに結婚を承認してもらった特別な日である「結婚式を挙げた日」を結婚記念日とする夫婦も少なくありません。

少数派ではありますが、結婚式当日の早朝に婚姻届を提出し、結婚式と入籍日を同日にしてその日を結婚記念日にしている夫婦もいます。

・年数ごとの結婚記念日についての解説

結婚記念日の中でよく知られているのは、25年目で祝う「銀婚式」や50年目で祝う「金婚式」ですが、実は他にもお祝いする結婚記念日はたくさんあります。もともとこのような結婚記念日を祝う風習は、イギリス発祥で男性から女性へプレゼントを贈るという風習です。

日本ではお互いにプレゼントしあう事が多いようです。またそれぞれの結婚記念日の呼び名には、お祝いに送る品物が入っていますが、年数が経つにつれ豪華なものになっていくことが分かります。

<1年目・・・紙婚式>
はじめての結婚記念日を迎える二人にとって、まだまだ白紙の未来を見つめるという意味もある紙婚式。日頃伝えられない感謝の気持ちを手紙に書くなんていいですよね。結婚して年月が経つと、一緒にいて当たり前、やってもらって当たり前、など感謝の気持ちは忘れがちになってしまいます。まだはじまったばかりのお二人の結婚生活、紙婚式にはぜひお二人でお祝いしてください。

<2年目・・・藁婚式(綿婚式)>
優しい気持ちと質素倹約を忘れずに、決して贅沢をしないように、の意味が込められている2年目。結婚生活に慣れてきた頃、タオルのプレゼントなど実用的な品物が嬉しかったりします。

<3年目・・・革婚式>
年数が経つほど味が出てくる革製品のように、夫婦関係もバランスのよい素敵な関係になってくる3年目。長く使えるお財布や鞄、革靴などのプレゼントがおすすめです。

<4年目・・・花婚式>
地に根を張り花を咲かせ実を実る、結婚生活も花のように実りの多い充実した日々にしたい4年目。その名の通りお花をプレゼントする風習ですが、花にはそれぞれ花言葉があります。花言葉も考えながらお花をプレゼントするとなお素敵です。

<5年目・・・木婚式>
木のように大きく太く、おおらかな気持ちで二人の関係も落ち着きが出てくる頃。木でできたお箸や小物入れなどの実用的な用品のプレゼントも多いなか、癒し効果のある観葉植物や鉢植えなども嬉しいプレゼント。なかには手入れが大変なものもあるので、選ぶ際にはご注意ください。

<6年目・・・鉄婚式>
鉄のように固い絆で結ばれた夫婦関係を築き上げられますように、と思いを込めた鉄製品をプレゼントする6年目。鉄鍋、フライパン、包丁など、長く使えるキッチン用品のプレゼントなどが喜ばれるようです。

<7年目・・・銅婚式>
結婚生活も7年目となると、子供が成長したり、マイホームを購入したり、金銭的余裕が出てきたり、と生活に安定が出てくる頃です。この安定を銅に例えたのが銅婚式です。銅のプレゼントと聞くとパッと思いつかなさそうですが、アクセサリーやタンブラー、マグカップなど調べるとたくさん出てきます。これからもよろしくね、の気持ちを込めて自分では普段買わないような銅のプレゼントを探してみてください。

<8年目・・・ゴム婚式・青銅婚式>
ゴムのように簡単にはちぎれない弾力性のある夫婦関係をという意味の込められた8年目のゴム婚式。別名、「青銅婚式」ともよばれており、銅と錫を混ぜて作られる青銅のように、全くの別人である男女が夫婦として生活を共にするし、お互いが一緒になることでより素敵な関係を築き上げられるようにとの思いが込められています。ゴム製品なら、シリコンスチーマーなどのキッチン用品からレインブーツ、お手入れもさほど難しくない「ゴムの木」という木のプレゼントもおすすめです。

<9年目・・・陶器婚式>
陶器のように夫婦関係が壊れないように、お互いを大切にしていこうという意味が込められている9年目。日本にはたくさんの焼き物の名産がありますので、茶碗や湯呑みなど、若いときには気にしないようなものも、この機会にワンランク上の品物をプレゼントして使うのも素敵です。

<10年目・・・錫婚式(すず)・アルミ婚式>
10周年という、長いようであっという間にも感じる大きな節目。錫は比較的柔らかく、磨けば磨くほど美しい光沢が出る金属です。夫婦関係も同じように、お互い柔軟性を忘れず美しい関係でいられるようにという意味が込められています。アルミや錫でできたプレゼントというと、タンブラーがおすすめです。熱伝導がいいので、温かいドリンクも冷たいドリンクも美味しく飲めますし、名前などを入れてもらうこともできます。また、10年という大きな節目ですので「10粒のダイヤモンドがついたアクセサリー」や「時計」など、 少し高価なものも特別感が感じられて素敵かと思います。

・結婚記念日についてまとめ

年数ごとの結婚記念日について詳しくご紹介しました。

この他にも、15年目<水晶婚式>、20年目<磁器婚式>、25年目<銀婚式>、30年目<真珠婚式>、40年目<ルビー婚式>、50年目<金婚式>、75年目<プラチナ婚式>、、、とたくさんあります。

年数を重るごとに豪華な呼び名になっていく結婚記念日ですが、お互いに感謝の気持ちを忘れなければ、よい夫婦関係を築き上げられるかと思います。

また、子供が産まれて家族が増えれば、今までのように夫婦の時間は減ることもありますので、このように結婚記念日をお祝いしたり、プレゼントを用意したり、お二人で食事に行ったり、というイベントは貴重で大切なものです。

年数を重ねるごとに夫婦の絆を深めていってください。

ダウンロード (8)
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ウエディングドレスレンタルのブライダルHIRO
ご来店予約はこちらから↓↓
https://www.bridal-hiro.com/reservation
※毎週水曜定休 10時~19時 (最終入店17時/閉店19時)

学芸大学駅からのルートを紹介しています↓↓
https://www.bridal-hiro.com/shopinfo

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

Facebookでも新着情報を随時更新しております^^
皆さまからのいいねやシェアをお待ちしております♡♡
ブライダルHIRO FaceBookページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

instagram始めました!
こちらもフォローお待ちしております♡
ブライダルHIRO instagramページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆