【あなたの結婚式に感動を!】結婚式の感動シチュエーションを紹介

Press & Newsプレス&ニュース

【あなたの結婚式に感動を!】結婚式の感動シチュエーションを紹介

新着情報2019年06月13日

友人の結婚式・披露宴に参加した際、感動のあまり目がウルウルしてしまった経験はありませんか?
結婚式は今までお世話になった両親・友人・親族などに二人の結婚を報告し、祝ってもらう場ではありますが、演出によってはゲストや新郎新婦が涙するシチュエーションもあります。いわば結婚式は感動シチュエーションの連続。一体どんなシチュエーションで涙する方が多いのか、今回は結婚式での「感動シチュエーション」を集めてみました。

・結婚式の感動シチュエーション

1.入場

待ちに待った新婦のドレス姿がみられる入場のシーンでは、特に新婦側のゲストが涙する事が多々あります。仲の良いゲストほど今までの新婦との思い出が蘇り、目の前にいる新婦の綺麗なドレス姿に感動し、つい涙が・・・としてしまうようです。

2.ベールダウン

出典: https://marry-xoxo.com/articles/4239

ベールダウンは、バージンロードを歩く前に新婦の母がベールをおろす事を言います。ベールには魔除けの意味があり、ベールダウンは母親にとって新婦にしてあげる最後の身支度になります。「幸せになってね」と気持ちを込める母親が多く、ベールダウンを見守っているゲストも感動的な気持ちになります。

3.新婦父からの挨拶・お手紙

新婦の父が、披露宴の最中に挨拶やお手紙を読んだりする演出もあります。みんなの前に出て話すのはちょっと…という恥ずかしがり屋のお父さんの場合、ビデオレターのような形をとる方も居ます。そんな父親からの挨拶(お手紙)で、新婦がどんな幼少期を送って、どんなふうに育てられて、どれだけ大切にされてきたかがわかります。父親にとって大切な大切な娘をお嫁に出すのですから、寂しいと思う方が多いと思いますが、親元を離れて幸せになろうとしている娘に向けられた手紙を聞いて、涙してしまうゲスト、新郎新婦は多いようです。

4.新郎からのサプライズ演出

サプライズの内容は、手紙、ムービー、公開プロポーズ、プレゼント、歌、など様々な演出があります。多くの女性はサプライズが大好きなので、思い出に残る素敵なサプライズなんてされたら惚れ直しちゃいますよね。特に「サプライズなんてしなさそう」と思われているような新郎様から、まさかのサプライズだったらなおさら。結婚式の準備は時間に追われたり結構大変なことが多く、喧嘩が重なってしまうカップルも多いのですが、「わたしの為にこんな事をしてくれてたんだ」と知った新婦は嬉しさのあまり涙してしまう方が多いと思います。

5.友人からのビデオレター

出典: https://you-know-m.com/weddingvideo1122-6803

新郎新婦が感動するシチュエーションとして、友人からのビデオレターがあります。余興でビデオレターを作成することが多いと思いますが、まさかと思うような友人たちからのビデオレターは新郎新婦からするととても嬉しいものです。

6.新婦から両親へお手紙

定番中の定番ですが、やはり感動的なシチュエーションと言えばこちらです。新婦にとって母親という存在は、本当に偉大で、尊敬している方も多いと思います。時には友達のような楽しい時間を過ごしたり、時には人生の先輩として助言してもらったり、母親の代わりになれる人はなかなかいません。また父親に関しては、家庭によってポジションや関係性があるでしょうが、娘のことを想ってくれていることはどの家庭でも変わりないんですよね。そんな両親に、育ててくれた感謝の気持ちを述べられる機会はそう滅多にありません。誰が聞いていても感動するシチュエーションかと思います。

7.新郎新婦から両親へプレゼント

今までの感謝の気持ちを込めて、花束、出生時の体重と同じ重さのお米やぬいぐるみ、三連時計、などのプレゼントが人気ですが、やはり特別な日のプレゼントということでプレゼントをもらって感動するご両親は多いようです。

・実際にあった式中の感動話

1.ゲストの予想外だった和装婚で、新婦の白無垢姿を見て友人ゲストが号泣

まさか和装婚にすると思っていなかったカップルが、和装婚を選び、また花嫁の白無垢がとてもよく似合っていたというエピソード。普段とのギャップもあり、厳かな雰囲気に包まれた会場で新婦が入場した途端、友人ゲストが涙していたそうです。

2.新婦への思いをビデオレターに込めた、新婦父からのメッセージで、会場が涙に包まれた結婚式

結婚式の合間に、急にプロジェクターが下りてきて「ここで新婦父から新婦へのメッセージをお預りしています」とのアナウンスが流れ、新婦父からのビデオレターが上映されたそう。その内容は、幼少期の新婦の様子や性格、子供たちに迷惑をかけてしまったことへの謝罪…など。父親の切ない気持ちが大いに伝わる内容で、その場にいた多くのゲストが感動ですすり泣きしていたようです。

3.プロポーズをきちんとしていない新郎からの、サプライズ公開プロポーズ

「プロポーズをきちんとしていない」という新郎様は意外と多いようです。その為、披露宴の演出にサプライズでプロポーズをする新郎様も。花束を持っていつもとは違う新郎の姿に思わず涙する新婦、もらい泣きする友人ゲストがいた、というエピソード。

4.父親と入場、途中で新郎へバトンタッチ、感動のバージンロード

新婦の腕が父親から新郎へバトンタッチし、父親から堪えきれない涙が溢れていて、もらい泣きしたというゲストも。父親と歩くバージンロードは本当に感動的なシチュエーションでもあり、新婦の父親から涙があふれていたら、ゲストももらい泣きしてしまいますよね。

・結婚式の感動シチュエーションまとめ

結婚式のプログラム(演出)は自分たちで考えるのが一般的なので、演出の仕方や手紙の内容など本当に多種多様で、この世に同じ結婚式は一つとしてありません。だからきっと、感動シチュエーションが絶えないのでしょう。結婚式の演出として、やりたい事がたくさんある方もいらっしゃると思いますが、詰め込み過ぎはよくないので、ゲストの事も考えながら、結婚式の演出を考えてください。素敵な結婚式になる事を祈っています。