失敗したくない!!人気のおすすめ引き出物を紹介

Press & Newsプレス&ニュース

失敗したくない!!人気のおすすめ引き出物を紹介

結婚準備2017年10月28日

ブライダルヒロです( *´艸`)


結婚が決まった方は、式場が決まってドレス選び等、結婚式の準備って本当にいろんなこと決めなきゃいけなくて大変ですよね。


その中でも結構まとまったお金がかかる引き出物について今回は焦点を当ててみたいと思います。

結婚式の内容がとってもよくても、引き出物のチョイスが微妙で後味の悪い結婚式にだけはしたくないですよね((+_+))


これから引き出物選びをされる方は参考にしてみてください☆彡


・引き出物を渡す理由

頂いたご祝儀や、参列して下さった事に対して、引き出物をお礼(お土産・お返し)として渡します。

そもそも引き出物を渡すという習慣が始まったのは、平安時代にもさかのぼります。

「お土産として馬を引き出して(庭から出して)贈答した」という事からのちに「引き出物」という名がついたそうです。

このスタイルは徐々に変化していき、戦国時代には当時の高級食材や武具などを贈答していたようです。

そして少し前までは「披露宴でだされたお料理の一部を持ち帰る」というのが主流になっていましたが、現在では衛生上の問題よりあまり見かけなくなりました。

・引き出物の相場

相場を知らないとどんなものを選んでいいかわからなくなってしまうと思います。

まず引き出物を渡す相手を大きくグループ分けします。

なぜグループ分けするのか、それはゲストとの関係性によって頂くご祝儀の金額が違うからです。

また若い方と年配の方、ファミリー層と独身層など、ゲストによって喜ばれる物が違ってくるので、実際に引き出物を送り分けしたというカップルが多いようです。


ただし、外から見て中身が違う事が分かってしまっては失礼にあたりますので、外袋の大きさをそろえるなどしてゲストに気づかれないように気配りを忘れずに。

ではそれぞれのゲストごとに引き出物の相場をみていきます

「親族・主賓」・・・¥5,000~¥10,000くらい
「職場の上司」・・・¥5,000~¥7,000くらい
「同僚・友人」・・・¥3,000~¥4,000くらい


地域や風土によって金額や引き出物の内容に差がでるようですが、簡単な目安としては頂くご祝儀の約1割を引き出物に充てるようにしている方が多いみたいです。(実際に私が引き出物を選んだ際も、このくらいの金額でした^^)


・引き出物を選ぶポイント

引き出物を選ぶポイントとして、出席者の方を思いやる気持ちで選ぶのが重要です。

「親族」

年配の方が多いようでしたら、重さのあるものは持ち帰るのが大変なので避けた方が無難◎

「上司」
ファミリーで使えるものや、高級ブランドのギフトなどがよく喜ばれるようです。


「同僚・友人」

センスのよいもの、自分では買わないようなものなどが人気で、未婚既婚や男女で送り分けをされる方もいらっしゃるようです。

・おすすめの引き出物

おすすめの引き出物は、普段買わない物や来賓者の方がご自身で選ぶ事の出来る物を引き出物として選定するのがポイントです。

「カタログギフト」

どの世代からも人気のカタログギフト。自分でほしいものを選べる点や、遠方のゲストでも配送サービスがあるので、喜ばれるNO.1ギフトのようです。

「タオル」
自分では買わないような、高級タオルをもらうのは嬉しいという声が多数。
またいくつ持っていても困らないものですので、どの世代からも喜ばれるようです。プラスαで、バスグッズを付けるとオススメという先輩花嫁様からのお声も聞いた事があります( ^ω^ )

「食器」
食器の場合、趣味が分かれるものでもあるので、どんなインテリアでも合いやすい無地のものが人気!
また、木製のお皿(サラダボウルやプレートなど)は自分では買わないという方も多いので、年齢問わず喜ばれる事が多いのではないかと思います。

「グラス」
使い勝手がいいペアグラスや特別感のあるシャンパングラスなどは、もらっても嬉しいもの。
あまり重たいと持ち帰るのが大変ですので、ペアセットくらいが良いかと思います。

「キッチンアイテム」
実用性があってお洒落なキッチンアイテムも、人気のひとつ(^_-)-☆
既婚未婚関係なくもらって嬉しいものですので、送る側としても選びやすいですね。

<番外編>
こんな引き出物はもらっても困った…という実体験などから、あまりオススメできないギフトをご紹介していきます。


「二人の顔写真入りのお皿」

使うにも使えず、飾るにも飾れないということから、あまり人気のない顔写真入りのギフト。せめて、お菓子など消耗品の方がいいという声が多いようなので、どうしても送りたいのであれば消耗品の方が喜ばれるかも。


「オリジナルのCD」

二人で作った(もしくはどちらかが作った)、CDをもらった。という方もいらっしゃるようです(*_*)
実用的でないし、いつ聞くんだろう。(笑) あまりうれしくないですね。


「派手な食器」

趣味が合わない場合もあるので、食器類を選ぶ際はやはりシンプルなものがよさそうです。


いかがでしたか。

ギフトカタログやウェブサイトなどをみて決める方が多いと思いますが、あまりにも商品数が多くて何を選んだらいいかわからないという方も居るかと思います。

実用性、もらって困らないもの、センスの高いもの、選び方は様々ですので、お二人でよく話し合って決めてくださいネ( *´艸`)


当店では、持ち込み料がかかる会場様でも定価より5~30%OFFで引き出物をご用意できるギフト会社をご紹介しております。

「ちりも積もれば山となる」わたしの好きな言葉なのですが、あっという間に金額があがってしまう結婚式。

良くも悪くも充てられる言葉ですので、少しでも節約したい!と思っている花嫁様がいらっしゃいましたら是非オススメのギフト会社です(⋈◍>◡<◍)。✧♡
詳しくはご来店時にご紹介いたしますので、お気軽にどうぞ( ˘ω˘ )


また、過去記事「結婚式の節約ポイントを専門家が分かり易く解説します*」
こちらも是非オススメです( *´艸`)