女性から結婚のプロポーズを成功させる為に重要なこととは?

Press & Newsプレス&ニュース

女性から結婚のプロポーズを成功させる為に重要なこととは?

その他紹介ブログ2019年12月15日

キヨコハタのピンクの金平糖ドレスのレンタル

皆様こんにちは!

プロポーズとは「男性からすることが一般的である」と言った印象が強かったと思います。

ただ、ここ最近では女性からプロポーズをする傾向も増えてきた様です。

当店にお越しのお客様の中にも結婚を女性側からアプローチすることで結婚をされたカップルの方も多くみられるようになりました♪

ただ、他の方がどのようにアプローチされているのか、また、女性から結婚を口に出すと男性に気持ちの負担がかかるのではないか

といった不安から、なかなか女性側から結婚を言い出せない場合も多くみられますね…

そこで、今回はブライダル業界に長く在籍している立場から思う、女性の方からプロポーズをする際のアプローチ法について書いて行きたいと思います。

女性からのプロポーズ時に注意しなければいけないこと

女性からプロポーズすると言うことは年々増えて来ているかと思いますが、まだまだ一般的ではなくレアケースとして見られることが多いですね。

そこで、男性からのプロポーズに比べてまだまだ情報の少ない女性からプロポーズする際の注意点を紹介して行きたいと思います。

相手を分析しましょう!

まず第一に現在お付き合いされている男性がどのようなタイプ、性格か把握しておきましょう。

人それぞれ考え方は違いますが、男性にとってお付き合いしている年数と結婚願望は実はあまり関係ないことが多いです。

出会って半年で結婚を申し込む男性の話もよく聞く半面、長年お付き合いしていた男性から別れを告げられてしまう場合も。

ですので、何年付き合ったかどうかは女性が気にしていることは多くても男性側は気にしていない場合もあります!

そこで、女性からアプローチをして結婚を踏み切らせるために事前に確認するポイントを以下でご紹介致します

交際相手に対する確認ポイント

➀まず最初にさりげなく男性側に確認すること

「理想の結婚像があるか」

「家庭を持ちたいか」

「人と生活ができるタイプか」

「結婚式について思う事はあるか」

上記を確認することで結婚願望があるかまず確認します。

②性格を確認しましょう

交際中の男性がどのようなタイプであるかを見極めて「男性の性格次第」では、女性からはっきりプロポーズされるのを良しとしないタイプや女性からアプローチをされてしまうとプレッシャーを感じて気まずくなる男性もいます・・・

特に、「男性として」を意識している男性は自分でプロポーズをしたい場合が多いですね!

「男」だから、を意識する方には結婚したい意思を軽く伝えるぐらいにしましょう。

また、結婚する際に自分の仕事、キャリア、収入を意識した「安定した男性」か否かを重視する男性タイプは意外と「結婚」を大きく捉えてしまい仕事のプレッシャーの上に更に「結婚」というワードを重く感じてしまいます。

そのせいで、なかなか重たい腰が上がらない場合もあります・・・

プレッシャーを感じやすそうな男性には、「結婚」というワードよりも「家族ができたら~」「もし一緒に暮らすなら~」など

はっきりとした内容よりも結婚のメリット、楽しい話題の一つとしてのアピールがおすすめです。

また、これ以上待てない場合は結婚したいと迫るよりも今後一緒にいるためには結婚が必要だと必要性を説いた方が効果的かもしれませんね。

逆にシャイな性格で、なかなか普段のお付き合いでも奥手なタイプには逆プロポーズが最適!

むしろ女性側から結婚を申し込まないと恥ずかしくて言い出せない男性も少なくありません。

逆プロポーズまでいかなくても、そのような男性には女性からのアピールは喜ばれる人が多いですね。

プロポーズをする際の理想

逆プロポーズをする場合にはどのようなシチュエーションが求められるでしょうか?

女性の立場であれば、夜景の綺麗な場所、思い出の場所、レストランやホテルといった前もって準備されているような場所や記念日、イベントでのプロポーズを期待する方は多いのではないでしょうか?

男性の場合も同じようにホテルやレストランなど準備するべきかといいますと反対に男性が求める逆プロポーズは「日常」でした。

普段と変わらないデート中、家でゆっくりしているときなどの「日常」のなかで

さりげなく、かつシンプルに「あなたと結婚したい」と伝えるのが理想的なようです。

逆に、男性が困ってしまうプロポーズはSNS、LINE、メールを利用したプロポーズ。これは女性がされても嫌ですよね・・・

大切な気持ちを伝える必要があるので、逆プロポーズをする際は相手の顔をしっかりみれる場面が良いでしょう。

また、フラッシュモブや知人を巻き込んだプロポーズ。

こちらも男女ともに苦手なシチュエーションではありますね。

結婚の意思がある男性でもあまりに大掛かりなプロポーズを女性側からされるのは苦手なようです。

男性から女性にする場合でもあらかじめ結婚が決まっているような相手でないと

困ってしまうこともあるので要注意ですね。

女性からプロポーズする時に結婚指輪は用意するべきか?

男性の場合、普段から指輪をする男性は少ないので結婚指輪以外の指輪のプレゼントよりも腕時計はいかがでしょうか?

指輪はプロポーズが成功したあとに二人で選ぶものがいいですね!

男性にはやはり、指輪以外のアイテムか手料理だったり、出来る範囲の気持ちのこもったものを準備する方が喜ばれるかもしれませんね!

女性からプロポーズするのは本当に正しい?

キヨコハタのグリーンの真珠ドレスのレンタル

女性からのプロポーズをする方が増えて来てはおりますが、従来の「プロポーズ=男性から」

と言ったイメージの多い中であえて女性からプロポーズすることについて改めて考えてみましょう。

そもそも、従来の日本では結婚をするのが当たり前。

特に女性は若いうちに会社内やお見合いで結婚後に寿退社する人が多かった時代もありました。

そこから、自由恋愛のブームになり会社内婚活やお見合い結婚が少なくなり次第に当たり前に結婚する流れよりも仕事をしながら出会いがあれば自分で見つけて結婚する方が多数になりました。

その結果、周りからのプレッシャーもなくなり自身の結婚のタイミングも自由に選べるようになった反面早く結婚したくても、交際の相手次第ではなかなか結婚の話が出ない場合もあります。

以前まではプロポーズは女性が待つと言った認識でしたが、今では待っていたら結婚ができないこともあります・・・

だからこそ、これからは逆プロポーズによって女性が待つだけでなく女性が結婚時期を決めていくといったカップルも徐々に増えていくのではないでしょうか?

少しでも、女性から結婚の話をされると重いなどという風潮が減りお互いに結婚したいと気軽に言えるような時代が来れば自然と早く結婚できるカップルも増えていくと思います♪