ブログ

結婚式を行うまでの準備期間は平均どれくらい?必ずやらなければいけない事をまとめました

2017年9月11日

ご結婚が決まった方、おめでとうございます*

結婚が決まったらいよいよ夢に見た結婚式の準備♡♡

でも、いざ結婚式をするとなると何から決めていいのか分かりませんよね?

これから結婚式にむけて準備を始める方は是非参考にしてみてくださいね^^

~結婚が決まったら~

結婚式を行うまでの準備期間は、1年前のカップルもいれば3か月前のカップルもいます。
みんな、それぞれの事情があり自分たちがいつ挙げたいかという答えが違うのでこのような結果になります。

しかし、準備期間が違くても準備する内容は一緒( ˘ω˘ )

ここからは結婚式の準備に必要なリストをご紹介していきます。

・ご両親にあいさつを済ませる

まず二人の間で結婚が決まったらご両親に結婚の承諾とご挨拶を。
元々顔見知りの方も、初めてお会いする方も、結婚という大事なお話をしに行きますので、メリハリを大事にしてくださいね。
ご両親への挨拶が済んだら、その後両家顔合わせや結納などをします。その際、結婚式についての時期や場所などについてご両親とも相談できるといいですね。

結婚の挨拶関連 過去記事はこちらから↓↓
「好感度アップ!結婚の挨拶に持っていく手土産とは」
「【結婚の挨拶】お父さんに怒られない言葉遣いをマスターしよう」
「【結婚の挨拶】最適な服装のブランドとは【男女別】」

・会場と日取りを決める(1年前~4か月前)

会場を下見に行った際に必ず聞かれるのが、おおよその人数・時期・予算。
事前に、彼と相談しておくとスムーズかと思います*
また、会場を決めるときのポイントは、予算に見合うかどうか、自分たちが挙げたいテーマ(雰囲気)の結婚式ができるかどうか、ゲストの方々がアクセスしやすいか、など人によってさまざま。自分たちが何を優先したいか、重視したいか、についてもあらかじめ相談しておくといいですね。

見学する会場の数ですが、平均3~4会場くらいを見学するカップルが多いようです。

また会場によっては、一週間の仮予約が可能だったり、その場で決定すると割引が利いたりしますので、本命の会場があればなるべく最後に行くのがオススメですよ^^

他にも、会場を本予約する際に内金が発生することが多く、一般的に5~25万円くらいを支払いますのでこちらも忘れずに♪♪

~いざ会場が決まったら~

会場が決まったら一安心。では、さっさと準備に取り掛かろう!!と言いたいところですが、実は、会場が決まったらすぐに打ち合わせが始まるわけではなんです。

挙式の半年前~3か月前になって初めて担当のプランナーさんと打ち合わせをすることが多く、それまでは野放しという状態に。。。(笑)
(もちろん、〇〇を考えておいてくださいね~などの課題は出されます。)
この野放し期間に自分たちでリサーチしたり、外注するならこの業者と、目星をつけておくと後々楽になるかと思います。

・衣装を探す(会場決定から~3か月前頃まで)

衣装が決まらないと、テーブルコーディネートやフラワー関係など細かい設備の打ち合わせが進められないことがあります。また衣装が決まっていないと花嫁様の焦りがどんどん大きくなってしまうのが現実。

ドレスショップによっては、試着の予約が取りにくい・気に入った衣装が見つからない、という事もあるのでなるべく早めに余裕をもって動くのがオススメです。

・招待客リストを決める(3~2か月前まで)

挙式の約3か月前になると招待状の発送の準備に入るので、それまでに決めます。
また、挙式3か月前になってくるとプランナーさんとの打ち合わせが本格的になり忙しくなってくるので、余裕のあるときにピックアップしておくといいですね。

・ペーパーアイテムを決める(~3か月前くらい)

商品の発注などもあるので、おおよそ3か月前くらいには決定しなければならないペーパーアイテム。
ペーパーアイテムとは、招待状・席次表・席札などのことを言います。これらは、会場で頼む・外注する・自分たちで作る、という選択肢があります。

・引き出物を決める(~2か月前くらい)

ゲストの方が決まったら引き出物も決めなければなりません。だいたい、3グループくらいにわけて引き出物の中身のパターンを決めます。(上司・親戚・友人など、ゲストの格によって中身が変わります)

引き出物については、会場の方から早めにカタログをもらうことも出来ると思うので、プランナーさんに相談して早めにピックアップできるといいですね。

・テーブルコーディネートを考える(~1ヶ月前)

意外にお金がかさばる、「テーブル装花」を決めなければなりません。
どんなお花にするのか、生花にするのか造花にするのか、などなど。グレードもさまざまなのですが、テーブル装花は会場の雰囲気を決める大きなポイントになります。

また、テーブルコーディネートはお花だけでなくクロスの色や備品なども決めたりします。

・BGM決める(~1ヶ月前)

会場で流すBGMは自分たちで決めます。
入場・歓談・中座・再入場・退場・お見送りなど、流れるシーンはたくさんあります。本格的な打ち合わせは挙式が近くなってからのことが多いので、時間のあるときに自分たちが流したい曲を考えて、候補リストを作っておくといいでしょう◎

BGMって結婚式の思い出として残りやすいので、とても重要です°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

・写真やビデオなど映像関係を決める(2~1か月前)

会場に頼むのか、外注するのかを決めなければなりません。
この映像関係も結構お金がかかるところ。会場で頼んだ方が、設備やオススメの場所などを熟知しているので安心はありますが、その分割高になります。
しかし会場によっては外注不可の場合もあるので、要確認です。

外部の業者ではなく、ビデオ撮影は、友人や親せきに頼むという方も多くいらっしゃいます。

~さいごに~

この他にも、お料理、司会、余興、ウエディグセレモニー(演出)、ブーケ、ウェルカムボードの作成、歓談中に流すビデオ、などなど決めなければいけないことはまだまだたくさん( ;∀;)

ここまで読んで頂いて分かってもらえたと思いますが、結婚式とは新郎新婦様おふたりで創り上げるものなんです。

準備が忙しくなってくると、お二人の間で温度差ができてしまったり、イライラしてしまったりすることもあるかもしれませんが、結婚式という一生に一度の晴れ舞台ですので、二人で協力して素敵な結婚式を創り上げてくださいね♡♡

また、今回ここでご紹介した内容は、必ずやらなければならない事ということですが、準備期間については目安になります。
会場によって「〇か月前まで」という指示は変わってきますので、不安な事があれば会場見学の際やプランナーさんに確認してみてくださいね*

↓↓オススメ過去記事↓↓
【雰囲気別】結婚式の定番曲20選
【結婚パターン別】結婚式の招待状文例
慶事用切手はこんなにある!結婚式の招待状に貼る切手にもこだわりを
結婚式の節約ポイントを専門家が分かり易く解説します*

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ご来店予約はこちらから↓↓
http://www.bridal-hiro.com/reservation
※最終入店17時/閉店19時
過去記事にて、学芸大学駅からのルートを紹介しています↓↓
http://www.bridal-hiro.com/access

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

Facebookでも新着情報を随時更新しております^^
皆さまからのいいねやシェアをお待ちしております♡♡
ブライダルHIRO FaceBookページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

instagram始めました!
こちらもフォローお待ちしております♡
ブライダルHIRO instagramページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆