ブログ

着物の柄の意味を知って、ワンランク上の和装選び!

2016年8月20日

こんにちは(^_-)
今日は久しぶりに着物についてご紹介していきたいと思います☆彡
知らない方が多いのですが、実は当店歴史が長く、45年前に着物から始まったお店なんです!
その為、店内はドレスでかなり覆いつくされていますが(笑)、奥には着物もたくさんあるんですよ♪♪

さて、着物と一口に言っても、引き振袖・白無垢・色打掛とあります。そしてなんとなーく見ていた柄にもしっかりと意味があり本当に奥が深いんです…!!

今回はそんな着物のことを少しでも知って頂けたら嬉しいなーと思い紹介していきます*

◇白無垢・色打掛とは

白無垢は白い着物を着る、色打掛は色が入ったもの、という認識の方がほとんどだと思いますが、せっかくの機会なので本当の意味も簡単にご説明します!

白無垢には「血が通っていない」という意味があり、昔の花嫁さんはお嫁入りの時、自分が生まれた家や過去の事を捨てて、夫になる男の人の家に嫁ぎました。「一度、今までの自分を捨てて無になる」ということを表すのが白無垢の本来の由来なんです。そして、新しく生まれ変わった証に色打掛を着るのです。生まれ変わったという事は「血が通る」=赤色、なので昔は、色打掛=赤、だったんですね。もちろん白無垢の「神聖で汚れのない真っ白な無垢の状態です」「嫁いだ先の色に染まります」などの意味も間違いではありません。

◇柄の意味


img_trivia07_01
出典:http://the-kimonoshop.jp/trivia/trivia07.html
品格あふれる美しい姿から、婚礼衣装に多く用いられますが、鶴には延命長寿の象徴があります。また吉祥の意味を持つ松や亀、瑞雲などと組み合わせられることも多いです。そして鶴は一度夫婦になると一生添い遂げるので、婚礼衣装にはとても縁起のいい動物とされています。

鳳凰
img_trivia07_05
出典:http://the-kimonoshop.jp/trivia/trivia07.html
中国の伝説上の生き物で平和で幸せな世界が実現されるときに現れる五色の霊鳥だそうです。また華麗で優美な姿をしているため、飛鳥時代より広く好まれる格調の高い文様です。

おしどり
img_trivia07_10
出典:http://the-kimonoshop.jp/trivia/trivia07.html
姿と羽が美しいだけでなく、夫婦の仲睦まじい姿と変わらぬ愛を象徴する為、婚礼衣装にはよく用いられる文様です。

牡丹
img_trivia07_19
出典:http://the-kimonoshop.jp/trivia/trivia07.html
奈良時代に中国から日本へ伝わり、平安時代から衣装の文様として用いられてきました。 小さな丸いつぼみから大輪の美しい花を咲かせる牡丹の花は「幸福」「富貴」を意味し、昔は高い身分の人しか着ることを許されなかった程、富貴の象徴とされています。また、蓬莱(楽園)に咲く花とされ「嫁ぐ先が蓬莱のようでありますように」の思いもこめられているようです。


img_trivia07_04
出典:http://the-kimonoshop.jp/trivia/trivia07.html
平安時代より日本人に愛でられてきた桜。「神(=さ)」が「座る(=くら)」木という言い伝えもあり、春の花ですが、日本の国花なので季節を問わず身につけることができます。


img_trivia07_11
出典:http://the-kimonoshop.jp/trivia/trivia07.html
菊は長寿を象徴する代表的な花。また秋の花とされていますが、季節を問わず用いることができます。

花車
img_trivia07_03
出典:http://the-kimonoshop.jp/trivia/trivia07.html
絢爛豪華に咲き誇る四季の花をのせた花車。 平安時代の貴族たちが乗っていた牛車に、美しい花を積んで模様化。 四季折々の花々を組み合わせて描いているので、季節を問わない柄です。

御所車
img_trivia07_09
出典:http://the-kimonoshop.jp/trivia/trivia07.html
京都御所の周辺で使われた貴族の乗り物で、古典的で文様の代表。

<七宝>
2
出典:http://www.chimoto-gofuku.jp/encyclopedia/post-3235/
七宝文。富貴や無限の子孫繁栄を表すとして好まれています。

どうですか?きっと一度は見た事のある模様ばかりだと思います!そして、着物は選ぶのが大変という方が多いですが、柄の意味を知るときっと楽しく着物選びをする事が出来ると思います☆彡

当店で取り扱っている自慢の色打掛も是非みてください♪♪

花園牡丹桜
人気のゴールドの色打掛は「花園牡丹桜」という名前がついている通り、牡丹が豪華に描かれています。
レンタル価格¥238,000

0-916桜花競艶文
桜花競艶文」白地ベースの優しい雰囲気が可愛らしい、桜モチーフの色打掛。桜は一年を通して着る事が出来ますが、やはり春に人気が集中します。
レンタル価格¥180,000

km004-1
こちらは、裾にかけてピンクから紫色になっているのが特徴的な、鶴と牡丹と梅がメインの大人可愛い系の色打掛です。
レンタル価格¥188,000

km008-1
可愛いおしどりがたくさん描かれている、朱色とゴールドがメインの華やかな色打掛。ほかにも様々な色が使われているので、どんな会場にも合いやすいです。
レンタル価格…店舗までお問い合わせください。

この他にもたくさんの色打掛を取り扱っておりますので、是非一度ご試着にいらしてください(*^_^*)

※※8/22(月)~8/26(金)店内改装に伴い臨時休業とさせていただきます。ご予約やご来店の際はご注意くださいませ。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ご来店予約はこちらから↓↓
http://www.bridal-hiro.com/reservation
※最終入店17時/閉店19時
過去記事にて、学芸大学駅からのルートを紹介しています↓↓
http://www.bridal-hiro.com/access

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

Facebookでも新着情報を随時更新しております^^
皆さまからのいいねやシェアをお待ちしております♡♡
ブライダルHIRO FaceBookページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆